2歳0ヵ月子連れシンガポール 妊娠中にシンガポール旅行はオススメか

2歳子連れシンガポール シンガポール旅行

今回2歳の息子を連れてシンガポール旅行時、第2子の妊娠初期でした。
すでにチケットとホテルの予約が終わっていて、産婦人科の先生に相談したら行っても大丈夫(もちろん自己責任で!)ということで、予定決行、シンガポール旅行に行きました。
 
また、私は1人目の妊婦生活もシンガポールで過ごしていたので、1人目の妊婦時と今回の旅行で感じた、シンガポールは妊婦にオススメの旅行先かを考えていきたいと思います。
 
結論、個人的に妊娠(特に初期、悪阻の時期)はシンガポールは要注意!かと思います。
 

Sai
Sai
シンガポール大好きな国だけど、妊婦中はちょっときつかったかな。
妊婦中のシンガポール旅行、いいところと、ちょっとなってところを見ていきましょう。
スポンサーリンク

1. 妊婦シンガポール旅行のデメリット

  • 南国特有のもわっとした臭い
  • タクシーの臭い
  • シンガポールはリゾートではなく、街歩き観光都市
  • ホーカーなどの衛生面
  • 冷房

 
シンガポールはごみのポイ捨て禁止、マリーナベイサンズ等のイメージでキレイな印象があります。
もちろん街自体はキレイではありますが、やはり南国。南国のもわっとした湿度の高い国です。湿度が高いからか南国特有の臭いがもわっとしています。
妊婦でなければ、ああ、南国の臭いだーとなる臭いも、臭いに敏感な妊婦には結構きついです。
今回、空港到着時にその臭いを感じ、更にホテルから出るタイミング等要所要所で臭いを感じて気持ち悪くなりました。
タクシーも独特の臭いを感じることが多くそれも結構きつかったです。
 
シンガポールはアジアンリゾート地、というよりも街歩き、食べ歩きを楽しむ観光地。
もちろん、セントーサにはリゾートの雰囲気のホテルもありますが、基本的にはオーチャードやマーライオン、マリーナベイサンズなどの観光地を巡ることになり体力も使います。(小さな国ですので、普通の観光であれば問題ないですが、妊婦には徒歩移動が結構な負担に。。。)
 
シンガポールの庶民の台所!ホーカーについては行かなければ問題ありませんが、美味しいローカルフードはホーカーにあります。
きちんと衛生面で問題がないと国に証明された“A”マークの付いたホーカーを選ぶ等、きちんと見極めましょう。
また、ホーカーのトイレは臭いをきつく感じることも多いので、入らない、タオルで鼻を抑えて息をしない、等対策も!(私はホーカーのトイレで何度も嘔吐。。)

2歳子連れシンガポール チョンバルマーケット

大好きなチョンバルマーケットも妊婦には少しきつかったです。。

不安な方はフードコートや、きちんとしたレストランがオススメです。
 
また、冷房も南国ならでは。
室内はかなり寒く、外との気温差が温度調節のしづらい妊婦には堪えます。きちんと羽織ものを持っていくなどの対応が必要です。
 

2. 妊婦シンガポール旅行のメリット

デメリットを上に厳しめに書いてしまいましたが、妊婦でのシンガポール旅行のいい点もあります。
こちらも読んでいただき検討いただけたらなと思います。

  • 日本人医師のいる病院があるので安心(日本メディカルケア、ラッフルズジャパニーズメディカルクリニックには日本人産婦人科医師がいます。)
  • 空港のタクシー等妊婦も優先レーンあり
  • 日本と同じものが食べられる(シャトレーゼもあるし、ドンキや明治屋で買える。)
  • フルーツも豊富
  • 移動がしやすい(タクシーやバス、地下鉄等。)
  • 街がコンパクト

 
海外旅行中に何かあったとき、日本人の産婦人科医師がいるのは心強いですね。出産時にお世話になりましたし、いざという時に日本人医師にかかれるのは安心です。(妊婦でも入れる保険は各自しっかり入っておきましょう。)
海外旅行保険のAIG
※AIGは妊娠初期(22週未満)であれば、妊娠に関する異常を原因とする治療も補償。
 
また、子供や妊婦にも優しいシンガポール。空港のタクシーレーンには妊婦も使える優先レーンがあり、実際だいぶ助かりました。
 
シンガポールは日本とは同じレベル、とまでは言いませんが、旅行中にある程度日本と同じものが食べられます。
(旅行中は現地のものを食べるのが楽しみ!と思っていても、妊婦中は食べたいとガイドブックで楽しみにしていたものの実際匂いを嗅ぐとちょっと無理だった。ということもありますしね。。)
大戸屋、酢重などの日本食定食屋さん、モスバーガー、焼肉やさんなどなどレストランに困ることはありませんし、ちょっと日本の甘いものを、、という場合シャトレーゼもあります。(シャトレーゼでアイスや、シュークリームは妊婦中何度もお世話に。。)
ドンキホーテや明治屋でも日本のものは手に入ります。
2歳子連れシンガポール旅行 妊婦
これは日本のアイスクリーム。
 
妊婦の味方のフルーツ。シンガポールは南国なので、フルーツも豊富に売っていて、スーパーでも手軽に買えます。
また、デメリットであげたように臭いの不安はありますが、タクシーやバス、地下鉄も使いやすく移動はしやすいです。
 
今回の妊娠初期での経験と、前回妊婦中のシンガポール生活から、個人的には妊婦中の旅行はグアムやハワイなどホテルメインでゆっくり過ごせるリゾートのほうがいいのかなーと感じました。
(書いている今も弱っていて、気持ち的な問題もあるかもしれません笑)
 
ただ、シンガポールにはいいポイントもたくさんあるので、つわりも落ち着いて、臭いに敏感ではない、となった場合検討してもいいかもしれません♪
 
こちらの記事を妊婦旅行の検討材料にしてもらえたら嬉しいです。