【2021年沖縄子連れ旅行】ザ・リッツ・カールトン沖縄 子連れで楽しめるアクティビティ

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ 子連れ沖縄(那覇&本島リゾート)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

フォトジェニックスペース

 

せっかく沖縄に行くのであれば、少しリッチな気分で優雅に過ごしたい♪

ゆったりとホテルステイを満喫したい♪

 

けど、子供にも楽しんでもらいたい♪♪

 

 

3歳の息子、1歳になったばかりの娘と訪れたザ・リッツ・カールトン沖縄

 

沖縄のリゾート地・名護にあるホテルですが、海に面しておらず専用ビーチもないし、キッズルームがあるわけでもない。

 

ホテル内の敷地もそこまで大きくないし、、どんなことをして過ごせるのかな・・と行く前までは不安がいっぱいでしたが・・

 

 

結論、アクティビティは移動すれば選択肢は十分にありました。

 

 

大人にとっては何もしない時間を味わうのが一番の贅沢ですが、子供連れはそうはいってられません。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄に滞在しながら子連れで楽しめることを実際に体験してまとめてみました。

 

 

沖縄旅行の行程

那覇1泊、沖縄本島リゾート3泊の4泊5日の行程。

 

今回JALのセール期間中に、夕方沖縄着のフライトを安く取ったので、那覇に1泊して、次の日に名護のリゾートホテル、ザ・リッツ・カールトン沖縄へ移動するスケジュール。

帰りは都内ではなく、名古屋に寄って帰宅。

 

旅の参加者

  • Sai:元旅行会社中の人(日本&シンガポール)。このブログの運営者。
  • Saiパパ:会社員。コスパより快適重視派。
  • 息子:3歳児。戦いごっこ大好きなやんちゃボーイ。愛嬌満タン。
  • 娘:1歳児。この旅行で初フライト。歩きはじめたばかりの我が家のプリンセス。

 

※夫婦ともに運転はしないため、車なし旅行

 

 

息子と10カ国を旅したSaiファミリーの海外旅行サイトはこちら>>

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン沖縄で子供が楽しめること

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄には、室内&野外プールがあり、子供も楽しむことができます。

また、ホテルの送迎を利用して、近隣ホテルやビーチに行くことも可能です。

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄にあるプール(屋外&室内)

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテル内野外プール

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄には、屋外のプールと室内のプール、2つがあります。

ホテルによって、室内プールは有料の場所もありますが、ザ・リッツ・カールトン沖縄の室内プールも無料で楽しむことができます

 

 

屋外プール(4月〜10月)

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテル内の屋外プール

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の屋外プールはホテルの1階、ライブラリー横にあります。(フロントは3階)

 

プールからは遠くに名護湾を望むことができ、大きくはないですが落ち着いた雰囲気のプールエリア。

 

大人用プール24メートル✖️9メートルの一部に、スイミングスクールで水に沈めて使う踏み台が敷き詰められて浅くしたキッズエリアがあります。

(ただ、大人のお腹くらいの深さがあり、そこまで浅くはないかな。)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

奥の水色部分がキッズエリア。浅めになっています。

 

  • バスタオル貸し出しあり
  • お水はスタッフの方が提供(してくれる場合あり)
  • プール周りにパラソル&ソファあり
  • 浮き輪などの貸し出しはなし
  • 軽食ショップあり
  • プール入り口に脱水機あり
  • 営業時間:8時〜日没まで

 

 

キッズアクティビティがあるわけではないので、大人向けのプールに子供も一緒に入ってぷかぷか遊ぶ感じです。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

お水とバスタオルの提供あり。(ないときは自分でタオルカウンターに行けばもらえます)

 

 

室内プール(通年)

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテル内室内プール

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の室内プールは、スパ棟の地下1階にあり、ホテル宿泊棟からですと、徒歩3分くらいのところにあります。

 

屋外を歩くため、雨の場合は送迎をお願いすることができます。(車でも約3分程度)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

行きはアルファード、帰りはスパ棟のカートで送迎してもらいました。

 

プールへ行く際はホテルのフロントにて送迎を依頼、ホテル棟への帰りはスパ棟のフロントへ依頼すると送ってもらえます。

 

 

キッズ用のプールはありませんので、大人と一緒の深いプールで遊ぶことになります。

 

 

  • バスタオル貸し出しあり
  • ペットボトルのお水あり
  • プール周りにソファあり
  • プール外にジェットバスあり(屋根ありですが野外)
  • 更衣室あり
  • 浮き輪などの貸し出しはなし
  • 軽食ショップなどなし
  • プール入り口に脱水機あり
  • 営業時間:9時〜21時まで(16歳未満の子供の利用は9時〜17時まで)

 

 

 

Sai
Sai

ジェットバスは屋根はあっても屋外だから雨の日はちょっと使うのは大変かなという印象だったわ。

 

 

Saiパパ
Saiパパ

室内プールの雰囲気は野外プールより落ち着いていたし、声が響くから子連れだと雨の日とかだけの使用がいいかな、個人的には。

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテル内室内プール(ソファエリア)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテル内室内プール(緑あふれるビュー)

 

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄から行くことのできるビーチ

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

喜瀬ビーチ

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄は、海に面していないため、プライベートビーチなどはありませんが、隣接するいくつかのビーチに送迎してもらい遊ぶことができます。

 

 

Sai
Sai

『近くのビーチまで送迎してくれる』って実際行くまでイメージがついていなかったのだけど、近くのホテルへ送迎してもらい、そのホテルの管理しているビーチを使わせてもらうってことよ。

 

 

Saiパパ
Saiパパ

沖縄の何にもないビーチにポッと降ろされるの??と勘違いしてたけど、ホテル内のビーチだから脱衣所とかもあるしきちんとライフガードがいるよ。

 

 

ビーチへ行くときのポイント

  • ビーチは有料(各ビーチによって値段は異なる)
  • 着替えはホテルでして行った方がスムーズ
  • 送迎はフロントへ電話して依頼(多少待つ場合あり)
  • お水・日焼け止め・タオルが入ったバスケットを用意してもらえる
  • 現地でのパラソルなどは有料で借りられる
  • ビーチによってはアクティビティあり

 

ビーチに水着を持って行ってそこで着替えをする方がいいかな、と思っていましたが、ホテルの方に聞いたところ、お部屋で水着に着替えてお部屋に備え付けのフード付きの羽織ものを羽織っていく方が多いそうで。

 

ロビーでも、水着に羽織もので歩いている方がちらほら。

 

もちろん、着替えを持って行って着替えてもOK。更衣室も貸してもらえます。

 

 

 

 

ビーチに行く流れ

  1. 送迎依頼の電話(トゥクトゥク希望の場合はその旨も伝えてみる。確約不可)
  2. ホテルお部屋で事前に着替え(フード付き羽織物がお部屋にあるのでそれを着てもOK)
  3. ホテル入り口にてスタッフに送迎依頼している旨伝える
  4. 送迎してもらう(帰りの送迎電話用に携帯電話を受け取る)
  5. ビーチのあるホテルへ到着
  6. お水などが入ったバスケットを送迎スタッフから受け取る
  7. ビーチホテルの受付(フロント)にて、ビーチ利用したい旨、宿泊ホテル(ザ・リッツ・カールトン沖縄)を伝える
  8. お支払い(アクティビティに参加する場合、申し込み&支払い)
  9. ビーチで遊ぶ
  10. (着替える)
  11. 送迎時借りた携帯電話でホテルに連絡し迎えにきてもらう
  12. 送迎車(もしくはトゥクトゥク)に乗りザ・リッツ・カールトン沖縄へ戻る
  13. ホテルのバスケットを返しお部屋へ

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテルがこのようなビーチ用のバスケットを用意してもらえます。え、めっちゃ親切!!ワクワクする!!!

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

携帯電話を持たせてもらい、帰りの送迎依頼はこちらの携帯電話からかけます。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

帰りの送迎。トゥクトゥクで来てくれてテンションがあがりパシャリ。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

このトゥクトゥクに乗って、車道を走りホテルまで戻りました。子供にとって貴重な経験だったようで今でも話に出てきます。

 

かりゆしビーチ

  • ビーチは遠浅で小さい子向け
  • ウォーターパークは4歳以上
  • ホテルのプールも利用可能(子供用プールもあり)
  • グラスボートなどアクティビティ豊富
  • ビーチ前に椅子&テーブル席あり
  • ローソン、アイスやタコライスなどが販売している軽食売店あり
  • 更衣室利用可能

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチ

 

ホテルから、送迎で約5分のところにある、かりゆしビーチ

2020年にオープンしたホテル、OKINAWA KARIYUSHI LCH.RESORT on The Beach内にあります。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチの入り口

 

 

 

かりゆしビーチの特徴は、管理ビーチが遠浅で、管理の枠内は全て足が届きます。(小さい子供連れには安心ですが、ちょっと大きなお子さんの場合物足りないかもしれません。)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチ(奥の浮き枠ギリギリでも浅いので普通に歩いています)

 

 

 

隣接しているウォーターパークは4歳以上から利用できます。(小さい子向けのものはありませんでした。)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ウォーターパーク(別料金)

 

 

 

ホテルの野外プールもパッケージ料金に含まれていて利用可能です。大人用のプールは水深150cmと結構深いので子供は要注意。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチのプール

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチのプール

 

 

 

 

かりゆしビーチはとにかくアクティビティが豊富で、グラスボートをはじめマリンスポーツも数多くあります。

 

ホテル横にローソンもありますし、ホテルからビーチに出てすぐのところに売店と無料で使える椅子&テーブルがありランチや軽食がそこで食べられます。

 

 

※かりゆしビーチは海以外にもアクティビティに参加したり、ご飯を食べたり終日遊べるので、着替えがあった方が○。

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチのアクティビティ

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

グラスボートなら赤ちゃんでも楽しめますね。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

グラスボートの桟橋

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチのマップ

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

かりゆしビーチのプール横には軽食を販売しているお店が。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

休憩エリアでランチもできます。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

我が家も軽食を買って休憩スペースでランチ。

 

 

Sai
Sai

リッツカールトンのような高級ホテルでの食事ばかりだとちょっと疲れてしまったので、こういった軽い感じのランチ、ありがたかった!!

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテル横のローソン

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

砂浜は砂利っぽい感じかな。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

砂浜(こんな感じでパラソルのレンタルも)

 

 

●かりゆしビーチ
住所:沖縄県名護市喜瀬1996
営業期間:年中無休(遊泳可能目安:3月~10月)
営業時間:時期により異なる
利用料金:大人550円、小人330円(4歳~12歳)
かりゆしビーチの公式HPはこちらから>>

 

喜瀬ビーチ

  • 海は深め
  • ウォーターパークは2歳から遊べるゾーンあり(手前側)
  • バナナボートなどのビーチアクティビティあり
  • 更衣室利用可能

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

喜瀬ビーチ

 

喜瀬ビーチは、かねひで喜瀬ビーチパレスホテル内にある管理ビーチ。

 

ビーチは、遠浅ではなく結構すぐに深くなります。(大人でも足がつかないエリアが多かった印象。)大人でも浮き輪やライフジャケットがあったほうが。

 

ウォーターパークの一部は2歳から遊べて、3歳の息子も怖がりつつキャッキャキャッキャと何度もチャレンジ。

 

喜瀬ビーチはウォーターパークも大きく、少し大きめのお子さんでも楽しめるビーチかと思います。

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ウォーターパーク(有料)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

喜瀬ビーチの雰囲気(ちょっと歪んでてみづらい・・)

 

 

●喜瀬ビーチ
住所:沖縄県名護市字喜瀬115-2
営業期間:2021年3月23日(火)~2021年9月30日(木)(2021年度、ビーチ)
営業時間:9:00〜18:00
利用料金:大人(13歳以上)1,500円(税込)、小人(4歳〜12歳)900円(税込)
※ザ・リッツ・カールトン沖縄宿泊者割引あり
喜瀬ビーチの公式HPはこちらから>>

 

他のビーチ

今回は行きませんでしたが、ブセナビーチ(ザ・ブセナテラスが管理しているビーチ)、ミッションビーチ(教会が管理しているビーチ)への送迎も可能です。

 

※ミッションビーチは2021年8月現在中止しておりました。

 

 

ビーチに行くときにあったらよいもの

  • 防水携帯入れ
  • レジャーシート
  • 砂場道具
  • ビーチバッグ
  • 浮き輪
  • 珊瑚に優しい日焼け止め
  • ラッシュガード
  • ウォーターシューズ
  • Tシャツ

 

防水の携帯入れ、これはマストですね。今は、スマートフォン自体が防水になっているものも多いですが、万が一使えなくなっても怖いですし、防水の携帯入れにスマートフォン、カードを1枚だけ持って行きました。

 

 

 

 

 

 

有料のビーチパラソルなどを借りてももちろんOKですが、今回天気がそこまでよくなかったのもあって我が家は長居せず。荷物を端っこに置いて過ごしました。

荷物を砂浜にちょっと置きたいとき、レジャーシートがあると便利ですね。

 

 

砂場道具も、砂遊びが大好きな子供にとっては喜ぶアイテム。なくしてもいいように100均などの簡易的なものを持参しました。

ビーチの売店でも売っているのをみましたが、結構なお値段するので、持っていけるのであればあったほうがいいですね。

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

砂場遊び

 

created by Rinker
¥1,480 (2021/09/24 00:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

↑バケツを持っていくのは嵩張るのでこういった携帯用洗面器があると子供がビーチで使えますし、下着などの洗濯にも使えて便利です。

 

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄で、バスケットにタオルを入れて持たせてくれますが、車移動なので子供用のお茶やお菓子、貴重品などを持っていくビーチバッグもあった方が。

 

 

 

 

浮き輪はビーチでレンタルもありますが、小さなお子様連れの場合、サイズが合わない場合もあるので持参がベター。

 

スイマーバは1歳すぎから息子が愛用。今回新たにINTEXの浮き輪を娘用に買いましたが背もたれもあり安定感が抜群で、気持ち良すぎて海にぷかぷか、寝てました。笑

 

 

 

ビーチに行く際は日焼け止めはマスト。子供はもちろん、珊瑚や海に優しい成分のものを選びたいですね。

 



アロベビーは天然由来成分のみなので、子供はもちろん海にも優しい。

 

 

 

ラッシュガード、ウォーターシューズも海で遊ぶのであれば必須アイテム。

ビーチサンダルはホテルで用意してくれていたものがあります。大人はホテルのものを使いました。

 

Tシャツは、海で遊び疲れた、休憩、砂場遊びの時に、ラッシュガードだと濡れて寒くなってしまうので余分に持って行って上だけ着替えさせるのに使いました。

 

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄からご近所、マリオットホテルへ

※2021年10月1日からオキナワ マリオットリゾート&スパを、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパにリブランドします。下記内容にも変更がある場合もありますので、詳細はホテルにご確認ください。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄に隣接しているホテルといえば、オキナワマリオットホテル。(送迎で約3分。)

 

フロントでお願いすると、マリオットホテルまで送迎してもらえます。

 

マリオットホテルでできること・売店でお買い物
・食事
・アクティビティ(創作系&体験系)
・(洗濯)

 

 

マリオットホテルには、大きめの売店があり、お土産やおつまみなどが買えます。(おにぎりなどはありませんでした。)

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

マリオットホテル売店入り口

 

 

 

また、マリオットホテルには、アクティビティがいくつかあり、創作系のガラスや貝殻を使ってジェルキャンドルやフォトフレームを作るものや、バギーなどの体験系のものもありました。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

創作体験をしている親子もちらほら。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

創作系の案内。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ジェルキャンドルやフォトフレーム創作体験

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

絵付け創作体験も。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

バギー体験。豪雨の中、バギー体験している親子もいました!ワイルド!!

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

キッズスペースも。

 

 

 

雨の日に、ザ・リッツ・カールトン沖縄からちょっとお散歩がてら(送迎でですが・・)マリオットに行ってみましたが、創作体験している子もちらほら。

 

 

私たちは利用しませんでしたが、マリオットホテルには洗濯機もあり、ザ・リッツ・カールトン沖縄から洗濯をしに行く人もいるようです。(ザ・リッツ・カールトン沖縄のブティックに洗濯用粉末洗剤が売っていて、なんのためか聞いたところ、手洗いもしくはマリオットに洗濯に行く方もいますね。。とおっしゃっていました。)

 

 

帰りの送迎はマリオットのフロントに言うとマリオットの方が送迎してくれます。

 

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の周りをお散歩

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

ホテル外観

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の敷地内はそこまで広くなく、スパ棟へ行ったり少し入り口近辺を歩く程度ですが、入り口からみたホテルの外観は圧巻。

 

入り口そばには小さなフォトジェニックなブランコも。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

フォトジェニックスペース

 

 

ホテルで貸し出しをしている子供用のチェキを持って、沖縄らしい植物の写真を撮ってみてもいいですね。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄子連れ 子連れ沖縄ブログ ザ・リッツ・カールトン沖縄ブログ

宿泊棟からスパ棟への道も沖縄らしい雰囲気があります。

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の子供向けプログラム・リッツキッズ

 

ザ・リッツ・カールトンには子供向けのプログラム、『リッツキッズ』というものがあります。

 

 

ザ・リッツ・カールトンでは、小さなお客様にもご滞在をお楽しみいただけることを願い、お子様向けのプログラム「リッツ・キッズ」をご用意しています。環境や文化を学ぶことができるプログラムで、お子様のご旅行を心の宝となる冒険旅行に変えるご体験をお約束します。

 

 

ホテルによっていくつかプログラムがありますが、ザ・リッツ・カールトン沖縄には、ナイトサファリというプログラムがあります。

 

アウトドア気分を満喫するために客室にキャンピングテントを置いてもらったり、スペシャルアメニティを用意してもらえたり、子供のワクワクを引き出すアイテムがたくさん。

 

お子様の年齢が4歳以上8歳まで。対象のお部屋タイプが決まっていて、プレミアデラックスルーム、プレジデンシャルスイート、ザ・リッツ・カールトンスイートに宿泊の場合、申し込みが可能です。

利用料金は、一回の滞在で子供1人あたり12,650円(税金込み)。

 

年齢、お部屋カテゴリが合う場合、予約してみてもいいかもしれません。(庶民にはハードルが高いですが・・笑)

 

以上、ザ・リッツ・カールトン沖縄で宿泊して子供が楽しめることでした。