子連れで一時帰国 滞在先としてマンスリーマンションに住んでみた

子連れ一時帰国 滞在先 マンスリーマンション インド生活と一時帰国

今回、新型コロナウィルスで、インドより急遽一時帰国をしました。

 

はじめは実家にお世話になっていましたが、夫も帰国し、在宅勤務が始まったタイミングで、マンスリーマンションに移動。

 

 

 

マンスリーマンションのサイトから色々問い合わせをしましたが、この状況、空いているところが少なく、思った以上に苦戦しました。

 

なんとか見つけたマンスリーマンションを専門に扱う業者を使って実際に住んでみて感じたメリット、デメリットをまとめています。

 

この記事は、一時帰国で家を探している方や、マンスリーマンションを探している方向けの記事です。

 

スポンサーリンク

1. 子連れで一時帰国 滞在先としてお世話になった業者

今回、グッドステイ(GOOD STAY)という会社を経由して、マンスリーマンションを契約しました。

 

選んだポイント(業者)

・個人ではないきちんとした業者
・メールや電話でのやり取りがスムーズ

 

エアビーアンドビーもありますが、できるだけ企業がよかったので、今回はそこまで候補に入れずに探しました。

企業かと思っていたら個人でのエアビーだった、ということも。(サイトによっては、エアビーが載っているところもありました。)

 

 

グッドステイは実際にやり取りをして、質問にきちんと答えてくれる、メールの返信が早くスムーズ、料金形態がわかりやすく明確、ということもあり、お願いすることに決めました。

 

実際に今回は新型コロナウィルスで急遽探した、ということもありますが、普通の一時帰国でも使えるかと。

 

 

Sai
Sai

お子さんの受験での一時帰国や、夏休みや冬休みでの一時帰国でも使えるのではないかな?

 

2. 子連れで一時帰国の滞在先 グッドステイとは?

ウィークリーマンション、マンスリーマンションを扱う専門業者。

北は北海道、南は沖縄までのウィークリー、マンスリーマンションを扱っています。

 

グッドステイの特徴

・4つの契約タイプ
・家具家電付き
・初期費用が明確
・来店不要、当日直接物件へ

 

 

1ヵ月未満のスーパーショート、1ヵ月~3ヵ月未満のショート、3か月~7ヵ月未満のミドル、7ヵ月~12ヵ月未満のロング、の4つの契約タイプがあり、料金もそれぞれ違います。

 

 

また、家具家電がついていて、引っ越してから家具や家電購入など、時間を取られる心配もなかったです。

 

子連れ一時帰国 滞在先 マンスリーマンション

家具、家電付き。

 

初期費用に関しては、賃料、マンスリー基本パック(家具家電のレンタル代、初期食器代など)、原状回復費(掃除代)、(人数の追加がある場合は人数追加代)がかかります。

それ以外に、炊飯器などレンタルしたいもの、購入したいものがある場合に追加でかかってきますが、基本的に、賃料、マンスリー基本パック、原状回復費はホームページに載っている金額で、明確です。

 

 

また、バタバタする一時帰国でありがたいのが、来店して話を聞いたり、対面で契約書を結ぶ必要がない点。

やり取りは基本メールで、質問もきちんと答えてくれますし、希望のマンションがない場合などは代案提案もしてもらいました。契約もメール。

 

入居日の前日にメールで、鍵の受け渡し方法などの詳細メールが届きますので、それをもとに鍵をゲットして、すぐに生活がスタートできます。
(鍵は郵便受けのボックスに入っているので、どこか店舗にとりに行く必要もないです。)

 

 

3. 子連れで一時帰国の滞在先 グッドステイのメリット

  • 契約が簡単
  • 家電などが付いている
  • ついたその日から生活が出来る
  • オプションで、品物のセット購入が出来る

 

メールで契約ができ、更に1つの業者で完結するので、ラクチンです。

 

また、家具家電、綺麗な布団セットもついているので、自炊、洗濯などホテルではできない、普通の生活ができるのも、マンスリーのメリットですよね。

ちなみに、トイレットペーパー1ロール、箱ティッシュ1箱、シャンプー、コンディショナー、ボディソープはついています。(シャンプーなどは新品ではなく、据え置きのものです。ずっと使うのは抵抗があっても、購入前に多少使えるのは助かりました。)

 

子連れ一時帰国 滞在先 マンスリーマンション

シャンプー、コンディショナー、ボディソープのボトルが常設。

 

子連れ一時帰国 滞在先 マンスリーマンション

箱ティッシュやタオルも。

 

 

電気や水道、ネットなどが含まれているので、各業者に連絡をする必要もなく、ついたその日から普通に生活が出来るのは助かります。

 

また、グッドステイで助かるのが、オプションで色々購入やレンタルが可能なところ。

最初に1人分の簡易的な食器はついていますが、それ以外でも炊飯器レンタルやフライパンなどのキッチン小物のセット購入などもできます。

(地味にそういったものを買うのはストレスなので、セット購入が出来るのはありがたいです。)

子連れ一時帰国 滞在先 マンスリーマンション

簡易的な1人分の食器がついています。(100均かな?)

 

4. 子連れで一時帰国の滞在先 グッドステイのデメリット

  • 契約と同時に全額支払いが発生
  • 下見が出来ない
  • 費用面
  • 延長不可の場合あり

 

基本的に、契約のタイミングで全額支払いが必要です。正直初めての契約のときに、結構な額を支払うのは心配ではありました。

※諸条件によっては、分割支払いも可能です。(手数料発生。)

 

 

また、下見が出来ないのは、お部屋がネットの写真通りかどうか、きちんとキレイかどうか不安でした。

実際には入居まで少し時間があったので、外観だけ下見をして決めましたが、できれば、室内も見たいところです。。

 

 

費用面でも、光熱費込みとしても、結構高いなという印象です。

2年契約の家を借りる手間や、家具家電を購入、レンタルする手間を考えると妥当ですが、計算すると高いです。

 

 

また、延長できるシステムはありますが、自分の今住んでいるお部屋がすでに空いていない場合もあります。

今借りているお部屋を延長したい場合、現在住んでいる人を優先するシステムはありません。

事前に、『ほかに住みたい方がいて問い合わせがきていますが、延長しますか?ほかの方に貸してもいいですか?』なんて聞いてくれるわけでもなく、すでに他の方が予約していて契約延長できない、ということも。

 

ーー>>

ホームぺージによりますと、

 

スーパーショート~ショートタイプにてご契約を頂いた場合はご退去予定日の翌日から空室がある場合は再契約をする事が可能です。

ミドル~ロングタイプにてご契約を頂いた場合は、退去予定日の2週間前まではご入居者様を優先に再契約をする事が可能です。

 

ということで、我が家は今回ショートタイプにして借りたので、優先されなかったようです。

 

実際我が家はそれで、家難民になりそうでした。。ただ、通常の一時帰国だと帰国する日にちが決まっているので問題ないですね。

 

 

デメリットもありますが、子供連れでグッドステイを利用して、いろんな手間が省けて、ある程度快適に生活できるようになりました。

 

今後も、中、長期的に一時帰国する必要があれば、検討したいな、と思います。

 

グッドステイの公式サイト

家具・家電レンタル「CLAS」