子連れスリランカ旅行⑦|スリランカ旅行中に子供が食べたもの・旅行の工夫・旅育

子連れスリランカ旅行 子連れスリランカ

 ※本サイトのリンクには広告が含まれます。

今回の1歳5ヵ月の息子を連れてのスリランカ周遊旅行、スタートしてみると結構ハードでした。

特に子供の食べられるものが少なく、毎回頭を悩ませました。

(大人ですら口に合うものが少ない。。といいますか、今回旅行会社経由で行った食事レストランは大型グループ、しかも格安ツアー的な団体が行くところに私たちも行くことになり、悲しいかな、ちょっと美味しくなくてイマイチでした・・・)

ここでは息子が滞在中に食べたものを中心に紹介したいと思います。


 
スリランカ旅行の記事一覧はこちら☟☟

目次

子連れスリランカ旅行|旅行中に子供が食べたもの

1日目

夕食空港のラウンジでサンドイッチとパフ少々

今回フライトはエコノミーでしたが、たまたまラウンジ利用のチケットをいただけたので、デリー空港のITCラウンジにて、サンドイッチとパフを少し。

2日目

朝食タマリンドホテルでパンとフルーツ
昼食湖畔のブッフェにてフライドライスにレトルトカレー(持参)をかけて
夕食ヘリタンス・カンダラマホテルにてヌードル、フライドライス、パン、フルーツ
子連れスリランカ旅行 
スリランカ子供の食べたもの
2日目の朝食
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
2日目夕食。ヘリタンスカンダラマでのブッフェ。

3日目


朝食
ヘリタンス・カンダラマホテルにてパンとフルーツ、チーズ
昼食宝石店併設レストランにてレトルトライスとレトルトカレー(共に持参)
夕食キャンディのホテルにてパンとグラタンのようなもの、ポテト
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
3日目朝食
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
3日目の朝食。ヘリタンスカンダラマでの朝食
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
3日目ランチ。持参のレトルトライスとレトルトカレー
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
3日目ランチ(大人用)。こんな感じだと子供は食べられるものはほぼなしです。
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
3日目の夕食。パンがあるとありがたい!と思えるレベルで他に食べられるものがなかった。。

子供が0ー1歳の時に旅行に持って行って役立ったもの

息子が0歳から1歳位の時に海外旅行・国内旅行に持って行って助かったもの、便利だったものを紹介!

めちゃくちゃ使った!キッズチェアがない時に子供が安定して食事できるチェアベルト

肉も切れる優れもの・危なくないし嵩張らないのでいつも持ち歩いていました

コツさえ掴めば便利!ひっくり返してもこぼれないし旅行中洗うのがとにかくラク!

※飛行機の中では気圧の関係で漏れることがあるので、飛行機内でカバンに入れる場合はジップロックに入れることを強くおすすめします!(漏れた経験あり・・)

フライト中の耳抜きやちょっとお腹がすいてぐずった時の救世主!

お水を嫌がるお子様に!我が家は日常生活は麦茶派だったので旅行中はパウダーで!

created by Rinker
健康ミネラルむぎ茶
¥1,902 (2024/03/01 13:55:21時点 Amazon調べ-詳細)

このサイズ感が小さい子供に嬉しい!電子レンジなくてもジップロックにご飯を入れて熱湯入れたコップにしばらくつければ即席ご飯の完成!

ふりかけはもちろんだけど、この小分けパックもあると子供のご飯が進む!

※カレーの他に、ハヤシライスと麻婆丼もあります。食べ物にこだわりがあるお子様にはぜひ試してみてほしい!

4日目

朝食キャンディのホテルにてパン一切れと列車でミルクパン(持参)
昼食グランドホテルのインド料理レストランにてラッシー、ナン、レトルトカレー(持参)
夕食ヌワラエリヤホテルにて スーパーで買ったバナナとヨーグルト、ミルクパン
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
4日目ランチ(ラッシー)、これにプラスしてナンと、持参したレトルトカレーを食べました
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
ランチは、結局スリランカ料理に辿り着けず、高級めなインド料理をば。安定のおいしさで涙が・・
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
4日目の夕食。これにプラスして持参したミルクパンを。

5日目

朝食ボックスミールのパン、(途中トイレ休憩)チャパティと麺に少しローカルカレー
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
5日目の朝食。ローカルレストランにて。
子連れスリランカ旅行 スリランカ子供の食べたもの
空港へ向かう途中で立ち寄り朝食を食べた食堂の雰囲気。


 
 
この旅行期間中、レトルトカレー等の食事とレトルトライス、ミルクパンは本当に大活躍でした!

さすがにサクッとスーパーなどで息子用に食事が購入できるとは思っていなかったですが、ホテルでも食べられるものがあまりないのは想定外でした。

(私たちの口に合うものも少なく、レトルトカレーは大人も食べたいくらいで。。笑)

スーパーにはヌワラエリヤで1回行きましたが、生肉の臭いが結構きつく、何を買おうかなーとふらふら見られる雰囲気のスーパーではなかったです、正直。

そのため、バナナとキレイそうなヨーグルトだけ購入。(たまたまかもしれませんし、私たちが行ったスーパーだけかもしれません。)


また、キャンディ駅で売店にも寄りましたが、総菜系のパンと、甘そうなお菓子パンは多く売っていました。


子連れスリランカ旅行|旅行中に息子と楽しく過ごすための工夫

行程

無理をしないゆっくりした行程

到着日はフライトの関係で遅くなってしまいましたが、それ以外の日は夜遅くまでどこかに行ったりすることはなく、だいたいいつもの就寝時間と同じくらいの時間(20時~21時)には就寝できるように意識しました。

そもそもスリランカはホテルで夕食を取ることがメインなので、15時頃、遅くとも18時頃にはホテルに到着する行程になっていて、夜遅くまで移動、という行程はあまりなかったです。

そういった意味で、ホテルで食事をとることは子供連れにはいいかもしれません。

朝は息子は早起き(6時頃起床)なので、無理やり起こしたりしなくても、勝手に起きて私たちを起こしてくれるくらいなので困ることはなかったです。

行程中も息子が疲れていそうなときは、行程をスキップしたり、休憩を取ってもらったりしました。

行程中は残念ながら観光地を1歳の子供がすたすたと歩かせられるようなところはそこまでなかったので、ホテル内では散策や階段の上がり降りを気が済むまでさせました。

※行程に融通が利くのは、専用車でのプライベートツアーだからこそだと思います。もし他のお客様のいる混乗ツアーだったら息子のストレス、私たちのストレスもひどいものだったと思います。

車内

今回は車内での移動時間が多く、息子が退屈することが想定されたので、子供が楽しめる音が鳴るおもちゃ、子供の好きな小分けのお菓子を大量に持っていきました。


おもちゃはいつも家で使っているもののほかに、ストローに紐を通したり、ストローを穴の開いた厚紙に通したりできるおもちゃを作って持って行ってみました。(最初は興味を示したものの、難しかったのか、最終的にはおもちゃのパーツを投げてぐちゃぐちゃにされましたが、、)


行程中は、チャイルドシートで寝てくれることもあれば、愚図って泣くこともあり。

そんな時はいったん抱っこ紐に変えて、夫や私とじゃれあって過ごしました。

本当に泣き止まない1-2回はユーチューブで動画を見せましたが、それ以外はなんだかんだみんなで楽しく過ごせたと思います。

食事について

上の記事、子供が食べたものを見ていただくとわかる通り、今回の旅行は食事をツアー会社にお任せにしてしまったので、あまり私たちの口には合いませんでした。

これだけ情報が行き交っている現代、インスタやブログなどで食事箇所をいくつかピックアップして事前に旅行会社に依頼しておくべきでした。

また、キッズメニューがあるレストランは多くないにしても子供が食べられそうなものがあるか事前に確認しておくべきだったなと反省です。


 
ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

子連れスリランカ旅行|子供のためにできたことと旅育について

今回のスリランカ旅行はほぼ車内移動、車を降りての移動も基本的に抱っこ紐で、息子にとってはストレスのたまる旅行だったかもしれません。

旅育なんていうのはおこがましいかもしれませんが、そんなスリランカ旅行中に息子が楽しんでいた、旅育になったかな?というポイントを簡単に。

ゾウの水浴び

スリランカに行く前から絵本で象さんのことをパオーンと呼んで認識はしていましたが、本物を見たのは初めて。

間近で象が水浴びをしている姿は圧巻で息子もあっけに取られて見入ってました。

何か感じるものがあったなら嬉しいなと。

子連れスリランカ 子連れスリランカ旅行
ゾウの大群

お猿さんとの窓越しのふれあい

お猿との触れ合い、これも初体験。

ヘリタンス・カンダラマホテルのお部屋にお猿さんが窓越しに来て、息子とコミュニケーション。

窓越しで直接は触れないですが、お猿さんを触ろうと息子も一生懸命追いかけてお猿さんと窓越しに手を合わせたりキャッキャ、キャッキャはしゃいでました。

お猿さんが行っちゃったあとは、『あーあーー。』と残念そうに。

そんな経験をさせてあげられてこちらも嬉しい体験でした。

子連れスリランカ 子連れスリランカ旅行
お猿との関わり

他の観光客とのふれあい(象の水遊びエリア、列車、ガイドさんなどなど)

インドにいるときもいろんな方に可愛がってもらっている息子。(インドのお国柄)

スリランカでも同様に、象の水遊びエリアで息子より少し上のお子さんとちょっと遊んだり、紅茶工場で地元のおじちゃん達に遊んでもらったり(その間に大人はゆっくりティーを堪能)、列車でヨーロピアンの方々と遊んでもらったり、ガイドさんとコミュニケーションを取ったり、人とのふれあいを楽しんでいました。

(勝手に大人がそう感じました。。)
 

以上簡単ですが、息子が食べたこと、子連れでの工夫、旅育についてでした。

この記事がこれから旅行に行かれる方のご参考に少しでもなれば嬉しいです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

香港に住む30代、5歳児と3歳児の母。
オーストラリアワーホリ&シンガポール現地採用経験、元インド駐在妻。
海外旅行、お酒を飲むこと(ワインとビール)、コーヒー、チーズが大好き♪
インドから日本に本帰国後、日本の公園や子連れで楽しめるスポットが多くあることに感動。子連れで実際に訪れたレビュー、子連れ旅行を中心に更新中。現在は香港在住で、香港での子連れ生活、子連れ海外旅行についてアップ中。

コメント

コメントする

目次